不動産投資とは|埼玉県・東京都・千葉県の投資・収益物件|株式会社エストハウジング

 
不動産投資とは
 
収入の先行きの不安や将来の年金受給への不安、不動産投資信託(リート)の影響から近年様々な投資型の金融商品(株取引・外国為替証拠金取引等)が活発となっている中で不動産投資が注目されています。
 
不動産投資とは
 
投資というのは将来的に収入が増えるという見返りを期待して行うものです。不動産投資はアパート・マンション・ビル等の不動産のオーナー(大家)になり賃貸収入で収入を増やしましょうという事です。不動産投資で収益を上げるには2つの方法があります。

 
投資用不動産のオーナーになり毎月定期的に見込める家賃収入で得る利益で収益を上げる。

投資用不動産を購入した価格以上で売却する事によって得る利益で収益を上げる。
 
利回りとは(% パーセンテージ)
 
投資というのは将来的に収入が増えるという見返りを期待して行うものです。不動産投資はアパート・マンション・ビル等の不動産のオーナー(大家)になり賃貸収入で収入を増やしましょうという事です。不動産投資で収益を上げるには2つの方法があります。

年間収入(家賃等)÷不動産価格×100 通常インターネットやチラシなどで記載されているのは表面利回りです。当社ホームページ「投資不動産+」も表面利回りの記載です。

(年間収入−年間公租公課)÷不動産価格×100 年間の家賃収入から年間公租公課(固定資産税・都市計画税)を差し引いた価格に対する割合

(年間収入−年間諸経費)÷(不動産価格+購入時の諸経費)×100 年間の家賃収入から年間公租公課(固定資産税・都市計画税)及び管理費などの年間維持費の合計額に対する不動産取得費用合計の割合